「Dr. HOUSE」シーズン2の第17話です。PotPlayerで日本語と英語の字幕を同時表示させ、スクリーンショットをとりました。画像、日本語字幕、英語字幕の著作権はそれぞれ各作成者にあります。

(以下字幕)
Cuddy: Stone cold bluff!
カディ:ブラフよ
You might want to spend a little more time paying attention to your cards, and a little less time staring at my breasts.
時間稼ぎができなくて残念だったわね 私の胸を見るひまもなくて
House: They don’t match either.
ハウス:不釣り合いな胸だ
(字幕終わり)

You may/might want to ~ は、「~したほうがいいですよ」、「~してください」という推奨の表現です。ここは、spend a little more time 行為A, and a little less time 行為Bの構文ですので、「行為Aにもう少し時間を長く使い、行為Bにもう少し時間を短く使ったらどうですか」という意味です。

要するに、「自分の手札に集中する時間を増やし、私の胸を見る時間を減らしたほうがいい」ということなので、「私の胸を見るのをやめて、もう少し自分のカードに集中したらどう」くらいの訳はどうでしょうか。

They don’t match either.のTheyは、「手札に集中すること」と「私(カディ)の胸を見ること」です。この二つが「match=釣り合わない(自動詞)」のですので、「アンタの胸を見ることは、手札に集中することに比べたら、何の価値もない/どうでもいい」とハウスは言うのです。

または、Theyがmy breastsを受けており、目的語(他動詞の場合)またはwith+目的語(自動詞の場合)が省略されていると考えることもできます。目的語は、「手札に集中すること」です。

次です。

(以下字幕)
House: Your son’s brain is losing control of his muscles.
ハウス:筋肉に脳の指令が伝わってない
(字幕終わり)

lose control ofは、「~のコントロール(制御)を失う/できなくなる」です。脳の制御機能がおかしいのであって、「指令が伝わってない」では途中の神経回路に異常があるという意味になってしまいます。

次です。

(以下字幕)
Chase: E. coli H0157 causes bloody diarrhea, and leads to hemolytic uremic syndrome.
チェイス:O-157が溶血性尿毒症候群を引き起こしたんだ
(字幕終わり)

O-157は英語ではH0157(h0157)というようです。E. coli の発音は「イー・コ’ウライ」です。

次です。

(以下字幕)
House: No, treatment will tell us more, faster.
ハウス:治療の方が先だ
Cameron: How can we start treatment if we have no idea what we’re treating for?
キャメロン:病名が不明なのに?
House: Treat him for everything! Give him acetylcysteine, and interferon, and silymarin, and whatever else you can think of to protect the liver.
ハウス:何でもいいからやれ 肝臓を保護する薬を投与しろ
(字幕終わり)

No, treatment will tell us more, faster.は、「治療の方が先だ」ではポイントがずれています。「(検査をするより)実際に治療を行った方が詳しいことが早く分かる」という意味です。以下、上記の薬の発音と訳語です( ’ は強勢)。

  発音 日本語訳
acetylcysteine   アスィートス’ィスティイン アセチルシステイン
interferon インタ(ァ)フ’ィー(ァ)ロン インターフェロン
silymarin スィリマ’リン シリマリン

次です。

(以下字幕)
Chase: Meds seem to be working. Liver’s holding its own.
チェイス:投薬が効いたようです
(字幕終わり)

薬の英訳(複数形)としては、meds(medicineの略語) 、drugs、medicines、medications があるようです。下は、Googleでヒット数です。なお、このヒット数は、あくまでGoogleに記載されているもので(つまり、基本的に書き言葉)、話し言葉として使われている用語の使用頻度とは異なるはずです。

英文(全文検索)

Google検索でのヒット数

the meds seem to be working

1560

the drugs seem to be working

1440

the medicines seem to be working

585

the medications seem to be working

355

次です。

(以下字幕)
Wilson: But the party’s over in less than 3 hours.
ウイルソン:パーティーは3時間で終わるぞ
Cuddy: It’s over in less than 2 hours.
カディ:あと2時間ちょっとよ
(字幕終わり)

less than 3 hoursは、厳密には「3時間未満」です。less than 2 hoursも同じく、「2時間未満」です。「2時間ちょっと」では、「2時間+5分~10分」の意味になってしまいます。ただし、技術文書と違い、会話であれば「おおよそ」でいいかもしれません。

次です。

(以下字幕)
Over the announcement system: Code blue, Iso room.
館内スピーカー:緊急事態です すぐにISO室へ
(字幕終わり)

下は、Code blueの定義です。(英辞郎)

【1】〔心臓や呼吸が停止するなどの〕緊急事態
【2】〔日常生活において命に関わる(ほどの)〕緊急事態

ISO(isolation)roomは、「隔離病室/隔離室」などという訳語がありました。

Code Blue、Code Black、Code Redについては、こちらに詳しい説明があります。

次です。

(以下字幕)
Foreman: If we have enough tissue for two tests, why not do both?
フォアマン:その2つを調べましょう
House: Then we don’t have to think as hard. Taking the pressure off the choice makes us less likely to think critically.
ハウス:思い詰めると 冷静な判断ができなくなるぞ
(字幕終わり)

フォアマンの台詞の訳は、厳密には「2種類の検査に十分な組織(標本)(があれば、両方の検査をしましょう」です。

Then we don’t have to think as hard.は、映画では訳がなく、訳すと「そうすれば(両方の検査をすれば)、(できるだけ)真剣に考える必要がなくなる」です。次のTaking the pressure off は、「(検査に頼りすぎて)選択(考えて病気を特定)するという努力を怠ると、批判的/客観的に考えることができなくなる」と考えるといいかもしれません。

以上

 

関連記事